神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。

神経伝達物質

神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。神経伝達物質という聞きなれない言葉をご存じでしょうか。漢字から推測すると何となく見当がつきますが、堅苦しい感じで具体的な名前が出にくい言葉です。 それは主に医療の分野で使用される言葉なので当然ですが、実はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど聞きなれたもののことです。

神経伝達物質の働きと種類

人の心や身体のすべての活動の司令塔は脳です。脳が機能しなくなれば人は生きていくことが出来ません。一方、脳が正常に機能していてもそこからの指令を身体のすみずみまで怠りなく伝えるものが存在しなければ人の身体は動きません。そして健全な心を維持することもできません。その大事な役割を担っているものが神経伝達物質です。

 

神経伝達物質の役割

 

人の心は脳内の神経伝達物質の働き具合で快活になったり、落ち込んだりしてしまいます。本人の物事の捉え方や性格ばかりが原因ではありません。

 

このように、神経伝達物質は身体を動かす機能と心をコントロールする機能とを持ち合わせています。そして実にたくさんの種類がありますが、人の心と身体の健康に大きな影響を与えているものは限られています。

 

それらは、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、アセチルコリン、GABAなどです。

それぞれの神経伝達物質の間でのバランスが大切です

人の心と身体の健康には神経伝達物質は必須です。そして、それぞれが多すぎても少なすぎても問題があり、相互のバランスがとても大切になります。例えば、ドーパミンが多くなり過ぎると幻覚や妄想が出現するような事態になったりしますし、逆に少な過ぎると体を思い通りに動かせなくなるパーキンソン病を発症したりします。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗