神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。

神経伝達物質

神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。神経伝達物質という聞きなれない言葉をご存じでしょうか。漢字から推測すると何となく見当がつきますが、堅苦しい感じで具体的な名前が出にくい言葉です。 それは主に医療の分野で使用される言葉なので当然ですが、実はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど聞きなれたもののことです。

むずむず脚症候群と神経伝達物質の関係

むずむず脚症候群は聞きなれない病名ですが、国内には数百万人の潜在患者がいると言われています。名前のとおり、脚がムズムズしてじっとしていられない症状で、寝ている時に起きやすいので不眠症の一因にもなります。

 

むずむず脚症候群

 

この病気は、まだ医療関係者の間でも認知度が低いために患者は病名に行きあたるまで医者や病院を転々として苦しい思いをすることがあります。

 

また、やっかいなことに脚だけではなく背中や肩など身体のどこにでも現れて、しかも内部がムズムズするために「かゆいところに手が届かない」もどかしさで仕事にも支障をきたすことがあります。

 

原因は、神経伝達物質のドーパミンの不足やその機能低下です。それは鉄分の不足と関係があると考えられています。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗