神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。

神経伝達物質

神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。神経伝達物質という聞きなれない言葉をご存じでしょうか。漢字から推測すると何となく見当がつきますが、堅苦しい感じで具体的な名前が出にくい言葉です。 それは主に医療の分野で使用される言葉なので当然ですが、実はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど聞きなれたもののことです。

パーキンソン病と神経伝達物質の関係

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質ドーパミンが少なくなり過ぎると発症する病気です。その症状の代表的なものは、くつろいでいる時の手足のふるえ、身体が硬く関節が動きにくくなる、緩慢な動作、転倒しやすいなどの身体の運動機能の障害です。

 

これはドーパミンの不足により脳からの指令が身体の各所に十分に伝わらなくなるからです。不足する原因は、脳内でドーパミンを生成している黒質細胞が減少するからだと説明されていてドーパミンの原料のLドーパを投与すると改善されることが分っています。

 

パーキンソン病

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗