神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。

神経伝達物質

神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。神経伝達物質という聞きなれない言葉をご存じでしょうか。漢字から推測すると何となく見当がつきますが、堅苦しい感じで具体的な名前が出にくい言葉です。 それは主に医療の分野で使用される言葉なので当然ですが、実はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど聞きなれたもののことです。

神経伝達物質と食品の関係

このように神経伝達物質は人の心と身体の健康にとってとても重要なものです。しかし、病気や生活習慣によっては十分な量の神経伝達物質が作れなくなったり過剰に消費して減少してしまったりでバランスが崩れてきます。

 

身体が健康でストレスも少ない生活をしていれば、人は普通の食事と適度な運動で十分な量の神経伝達物質を確保することが出来ます。

 

しかし、それが可能でない場合は、医師の処方による薬に頼るのが一般的です。医薬品は近代科学の粋を集めたものですから効果があるのは当然ですが、副作用の心配があります。そこで神経伝達物質の原料が多く含まれる食事を摂ることで、人が本来持っている機能を健康的に使って減少した神経伝達物質を補うことが可能です。

 

各種の神経伝達物質の原料になるのはアミノ酸、必須アミノ酸です。それらを多く含む食物は、肉類、魚、大豆などの豆類です。その中には、アミノ酸、必須アミノ酸から変化してドーパミンなどの神経伝達物質になる手前の物質Lドーパを含む珍しい豆があります。これをムクナ豆と呼びますが、アミノ酸や必須アミノ酸、鉄分も含むのでとても良い食品です。

 

野菜と魚

アミノ酸、必須アミノ酸を摂り入れるにはたんぱく質を多く含む食品をバランス良く食べることです。

ムクナ豆

ドーパミン、セロトニンのもとになるLドーパ、アミノ酸チロシン、必須アミノ酸フェニルアラニンを直接摂り入れられるムクナ豆がとても便利です。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗