神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。

神経伝達物質

神経伝達物質のことを良く理解して健全な心と身体を作りましょう。神経伝達物質という聞きなれない言葉をご存じでしょうか。漢字から推測すると何となく見当がつきますが、堅苦しい感じで具体的な名前が出にくい言葉です。 それは主に医療の分野で使用される言葉なので当然ですが、実はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど聞きなれたもののことです。

うつ病と神経伝達物質の関係

うつ病は本人の精神面での弱さや性格の問題とされがちですが、最近は科学的なアプローチが進み神経伝達物質が大いに関係していることが指摘されています。

 

それはドーパミンの機能低下、セロトニン、ノルアドレナリンの不足が相互に関係しています。その中で最も影響力が強いものがセロトニンです。セロトニンは心を落ち着かせ、リラックスさせる機能がありますが、もともと脳内で生成される量が少ないために不足がちです。

 

また、男性の方が女性よりセロトニンの生成能力が高いとされています。しかし、何らかの理由で脳内のセロトニンが減少すると心のバランスが取りにくい状況が生まれ、うつ病を引き起こす要因となります。

 

セロトンは睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌も促す役割があるのでその不足は不眠の原因とも重なります。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗